IntlChar::isbase

(PHP 7, PHP 8)

IntlChar::isbaseコードポイントが基底文字に含まれるかを調べる

説明

public static IntlChar::isbase(mixed $codepoint): bool

指定されたコードポイントが基底文字に含まれるかを判定します。 一般カテゴリ "L" (letters), "N" (numbers), "Mc" (spacing combining marks), "Me" (enclosing marks) の場合に、true を返します。

注意:

これは、Unicode の chapter 3.5, conformance clause D13 にある定義とは異なります。 その定義は、 前の文字と視覚的に結合しない (Cn でない) 全ての文字を含み、 かつ control (Cc) や format (Cf) 文字を含まないものです。

パラメータ

codepoint

コードポイントを表す int 型の値 (例: U+2603 SNOWMAN を表す 0x2603)、あるいは UTF-8 文字列としてエンコードされた文字 (例: "\u{2603}")。

戻り値

codepoint が基底文字の場合に true を返します。 そうでない場合、false を返します。

例1 さまざまなコードポイントの例

<?php
var_dump
(IntlChar::isbase("A"));
var_dump(IntlChar::isbase("1"));
var_dump(IntlChar::isbase("\u{2603}"));
?>

上の例の出力は以下となります。

bool(true)
bool(true)
bool(false)

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top