IntlChar::isdefined

(PHP 7, PHP 8)

IntlChar::isdefinedコードポイントが定義されているかどうかを調べる

説明

public static IntlChar::isdefined(int|string $codepoint): ?bool

指定されたコードポイントが "定義されているか" どうかを判定します。 これは、一般的に文字が割り当てられているかを意味します。

"Cn" (other, not assigned) 以外の一般カテゴリの場合に true を返します。

注意:

文字でないコードポイント(例: U+FDD0) は "定義されていません" (Cn だからです) が、 サロゲートコードポイントは "定義されている" (Cs) ことに注意して下さい。

パラメータ

codepoint

コードポイントを表す int 型の値 (例: U+2603 SNOWMAN を表す 0x2603)、あるいは UTF-8 文字列としてエンコードされた文字 (例: "\u{2603}")。

戻り値

codepoint が 定義済みの文字である場合に true を返します。 そうでない場合、false を返します。 失敗した場合は、null を返します。

例1 さまざまなコードポイントの例

<?php
var_dump
(IntlChar::isdefined("A"));
var_dump(IntlChar::isdefined(" "));
var_dump(IntlChar::isdefined("\u{FDD0}"));
?>

上の例の出力は以下となります。

bool(true)
bool(true)
bool(false)

参考

add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top