PHP 8.0.26 Released!

IntlChar::charFromName

(PHP 7, PHP 8)

IntlChar::charFromName名前で Unicode 文字を探し、コードポイントの値を返す

説明

public static IntlChar::charFromName(string $name, int $type = IntlChar::UNICODE_CHAR_NAME): ?int

名前で Unicode 文字を探し、コードポイントの値を返します。

指定する名前は、完全、かつ正確なマッチが行われます。 名前がコードポイントに対応していない場合は、null を返します。

Unicode 1.0 の名前は、 それ以降の "modern" name と異なる場合のみマッチします。 Unicode の名前は、全て大文字です。 拡張名は小文字ではじまり、その後に大文字の16進の数値が続き、 そしてそれを鉤括弧で囲んだものです。

パラメータ

name

Unicode 文字の完全な名前。

type

検索に使う名前の集合。 以下の定数のうちのいずれかです:

  • IntlChar::UNICODE_CHAR_NAME (デフォルト)
  • IntlChar::UNICODE_10_CHAR_NAME
  • IntlChar::EXTENDED_CHAR_NAME
  • IntlChar::CHAR_NAME_ALIAS
  • IntlChar::CHAR_NAME_CHOICE_COUNT

戻り値

指定された名前に対応するコードポイントの値を(数値で)返します。 コードポイントが存在しない場合は null を返します。

例1 さまざまなコードポイントの例

<?php
var_dump
(IntlChar::charFromName("LATIN CAPITAL LETTER A"));
var_dump(IntlChar::charFromName("SNOWMAN"));
var_dump(IntlChar::charFromName("RECYCLING SYMBOL FOR TYPE-1 PLASTICS"));
var_dump(IntlChar::charFromName("A RANDOM STRING WHICH DOESN'T CORRESPOND TO ANY UNICODE CHARACTER"));
?>

上の例の出力は以下となります。

int(65)
int(9731)
int(9843)
NULL

参考

add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top