phpday 2022

IntlChar::charAge

(PHP 7, PHP 8)

IntlChar::charAgeコードポイントの "age" を取得する

説明

public static IntlChar::charAge(mixed $codepoint): array

コードポイントの "age" を取得します。

"age" とは、(内部的な用途や、文字でない用途の場合) コードポイントが最初に設計された Unicode のバージョンです。 または、最初に文字が割り当てられた最初の Unicode のバージョンです。 これは、受け入れられない新しい文字を受け取り、 コードポイントを出力することを避けるために便利です。

パラメータ

codepoint

コードポイントを表す int 型の値 (例: U+2603 SNOWMAN を表す 0x2603)、あるいは UTF-8 文字列としてエンコードされた文字 (例: "\u{2603}")。

戻り値

Unicode のバージョン番号を配列として返します。 たとえば、 1.3.31.2 は、 [1, 3, 31, 2] と表現されます。

例1 さまざまなコードポイントの例

<?php
var_dump
(IntlChar::charage("\u{2603}"));
var_dump(IntlChar::charage("\u{1F576}"));
?>

上の例の出力は以下となります。

array(4) {
  [0]=>
  int(1)
  [1]=>
  int(1)
  [2]=>
  int(0)
  [3]=>
  int(0)
}
array(4) {
  [0]=>
  int(7)
  [1]=>
  int(0)
  [2]=>
  int(0)
  [3]=>
  int(0)
}

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top