IntlChar::charName

(PHP 7, PHP 8)

IntlChar::charNameUnicode 文字の名前を取得する

説明

public static IntlChar::charName(mixed $codepoint, int $nameChoice = IntlChar::UNICODE_CHAR_NAME): string

Unicode 文字の名前を取得します。

nameChoice の値によって、返される名前は "modern" name か、 Unicode 1.0 で定義されたもののどちらかになります。 名前には A-Z, 0-9, space, '-' のような "不変な" 文字が含まれています。 Unicode 1.0 の名前は、それが "modern" name と異なっており、 かつ ICU がその名前のデータを持っている時に限り取得できます。

パラメータ

codepoint

コードポイントを表す int 型の値 (例: U+2603 SNOWMAN を表す 0x2603)、あるいは UTF-8 文字列としてエンコードされた文字 (例: "\u{2603}")。

nameChoice

検索に使う名前の集合。 以下の定数のうちのいずれかです:

  • IntlChar::UNICODE_CHAR_NAME (デフォルト)
  • IntlChar::UNICODE_10_CHAR_NAME
  • IntlChar::EXTENDED_CHAR_NAME
  • IntlChar::CHAR_NAME_ALIAS
  • IntlChar::CHAR_NAME_CHOICE_COUNT

戻り値

対応する名前を返します。 その文字に対応する名前がない場合は、空文字列を返します。 コードポイントが存在しない場合は、null を返します。

例1 さまざまなコードポイントの例

<?php
var_dump
(IntlChar::charName("."));
var_dump(IntlChar::charName("."IntlChar::UNICODE_CHAR_NAME));
var_dump(IntlChar::charName("\u{2603}"));
var_dump(IntlChar::charName("\u{0000}"));
?>

上の例の出力は以下となります。

string(9) "FULL STOP"
string(9) "FULL STOP"
string(7) "SNOWMAN"
string(0) ""

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top