PHP Velho Oeste 2024

stripos

(PHP 5, PHP 7, PHP 8)

stripos大文字小文字を区別せずに文字列が最初に現れる位置を探す

説明

stripos(string $haystack, string $needle, int $offset = 0): int|false

文字列 haystack の中で needle が最初に現れる位置を探します。

strpos() と異なり、stripos() は大文字小文字を区別しません。

パラメータ

haystack

検索対象の文字列。

needle

検索する文字列。

PHP 8.0.0 より前のバージョンでは、needle が文字列でない場合、 数値に変換され、文字の通常の値として扱われていました。 この振る舞いは PHP 7.3.0 以降では推奨されないので、 この機能を使用しないことを強く推奨します。 意図した動作に依存する場合、 needle を string に明示的にキャストするか、 明示的に chr() 関数を呼び出すべきでしょう。

offset

指定すると、文字列内での検索開始位置がその位置になります。 負の数を指定すると、文字列の末尾からこの数だけ戻った場所から検索を開始します。

戻り値

needle が見つかった位置を、 haystack 文字列の先頭 (offset の値とは無関係) からの相対位置で返します。 文字列の開始位置は 0 であり、1 ではないことに注意しましょう。

needle が見つからない場合は false を返します。

警告

この関数は論理値 false を返す可能性がありますが、false として評価される値を返す可能性もあります。 詳細については 論理値の セクションを参照してください。この関数の返り値を調べるには ===演算子 を 使用してください。

変更履歴

バージョン 説明
8.2.0 ケースフォールディングは、setlocale() で設定されたロケールに依存しなくなりました。 ASCII のケースフォールディングのみが行われます。 ASCII でないバイト列は、バイト値として比較されます。
8.0.0 needle は、空文字列を受け入れるようになりました。
8.0.0 needle に数値を渡すことはサポートされなくなりました。
7.3.0 needle に数値を渡すことは非推奨になりました。
7.1.0 負の offset をサポートするようになりました。

例1 stripos() の例

<?php
$findme
= 'a';
$mystring1 = 'xyz';
$mystring2 = 'ABC';

$pos1 = stripos($mystring1, $findme);
$pos2 = stripos($mystring2, $findme);

// いいえ、'a' は明らかに 'xyz' の中には存在しません
if ($pos1 === false) {
echo
"The string '$findme' was not found in the string '$mystring1'";
}

// === を使用していることに注意しましょう。単に == としても期待通りに動作
// しません。なぜなら 'a' は 0 番目(最初) の文字だからです。
if ($pos2 !== false) {
echo
"We found '$findme' in '$mystring2' at position $pos2";
}
?>

注意

注意: この関数はバイナリデータに対応しています。

参考

  • mb_stripos() - 大文字小文字を区別せず、 文字列の中で指定した文字列が最初に現れる位置を探す
  • str_contains() - 指定された部分文字列が、文字列に含まれるかを調べる
  • str_ends_with() - 文字列が、指定された文字列で終わるかを調べる。
  • str_starts_with() - 文字列が指定された部分文字列で始まるかを調べる
  • strpos() - 文字列内の部分文字列が最初に現れる場所を見つける
  • strrpos() - 文字列中に、ある部分文字列が最後に現れる場所を探す
  • strripos() - 文字列中で、特定の(大文字小文字を区別しない)文字列が最後に現れた位置を探す
  • stristr() - 大文字小文字を区別しない strstr
  • substr() - 文字列の一部分を返す
  • str_ireplace() - 大文字小文字を区別しない str_replace

add a note

User Contributed Notes 5 notes

up
42
emperorshishire at gmail dot com
14 years ago
I found myself needing to find the first position of multiple needles in one haystack. So I wrote this little function:

<?php
function multineedle_stripos($haystack, $needles, $offset=0) {
foreach(
$needles as $needle) {
$found[$needle] = stripos($haystack, $needle, $offset);
}
return
$found;
}

// It works as such:
$haystack = "The quick brown fox jumps over the lazy dog.";
$needle = array("fox", "dog", ".", "duck")
var_dump(multineedle_stripos($haystack, $needle));
/* Output:
array(3) {
["fox"]=>
int(16)
["dog"]=>
int(40)
["."]=>
int(43)
["duck"]=>
bool(false)
}
*/
?>
up
8
sorrynorealemail at example dot com
5 years ago
Unlike strpos() it seems that stripos() does NOT issue a WARNING if the needle is an empty string ''.
up
6
spam at kleppinger dot com
8 years ago
Regarding the function by spam at wikicms dot org

It is very bad practice to use the same function name as an existing php function but have a different output format. Someone maintaining the code in the future is likely to be very confused by this. It will also be hard to eradicate from a codebase because the naming is identical so each use of stripos() would have to be analyzed to see how it is expecting the output format (bool or number/bool).

Calling it string_found() or something like that would make a lot more sense for long-term use.
up
3
emanuel dot karlsson at rolfsbuss dot se
5 years ago
Finding numbers in strings requires you to cast the number to string first.

strpos("123", 2) !== strpos("123", "2")
up
4
Ian Macdonald
8 years ago
Regarding the === note, it might be worth clarifying that the correct tests for a binary found/not found condition are !==false to detect found, and ===false to detect not found.
To Top