sha1

(PHP 4 >= 4.3.0, PHP 5, PHP 7)

sha1文字列の sha1 ハッシュを計算する

警告

パスワードを守るためにこの関数を使うことはおすすめしません。 ハッシュアルゴリズムの高速性がその理由です。 詳細とベストプラクティスについては、パスワードハッシュ FAQを参照ください。

説明

sha1 ( string $str [, bool $raw_output = FALSE ] ) : string

» US Secure Hash Algorithm 1 を使用して str の sha1 ハッシュを計算します。

パラメータ

str

入力文字列。

raw_output

オプションの raw_outputTRUE が指定された場合、sha1 ダイジェストは 20 バイト長のバイナリ形式で返されます。 それ以外の場合は、返り値は 40 文字の 16 進数となります。

返り値

sha1 ハッシュを文字列で返します。

例1 sha1() の例

<?php
$str 
'apple';

if (
sha1($str) === 'd0be2dc421be4fcd0172e5afceea3970e2f3d940') {
    echo 
"Would you like a green or red apple?";
}
?>

参考

  • sha1_file() - ファイルの sha1 ハッシュを計算する
  • crc32() - 文字列の crc32 多項式計算を行う
  • md5() - 文字列のmd5ハッシュ値を計算する
  • hash() - ハッシュ値 (メッセージダイジェスト) を生成する
  • crypt() - 文字列の一方向のハッシュ化を行う
  • password_hash() - パスワードハッシュを作る

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top