strripos

(PHP 5, PHP 7)

strripos文字列中で、特定の(大文字小文字を区別しない)文字列が最後に現れた位置を探す

説明

strripos ( string $haystack , mixed $needle [, int $offset = 0 ] ) : int

文字列 haystack の中で、 needle が最後に現れる位置を探します。

strrpos() と異なり、strripos() は大文字小文字を区別しません。

パラメータ

haystack

検索を行う文字列。

needle

needle が文字列でない場合、 数値に変換され、文字の通常の値として扱われます。 この振る舞いは PHP 7.3.0 以降では推奨されないので、 この機能を使用しないことを強く推奨します。 意図した動作に依存する場合、 needle を string に明示的にキャストするか、 明示的に chr() 関数を呼び出すべきでしょう。

offset

ゼロまたは正の値の場合、 haystack の 最初の offset バイトをスキップし、 左から右に検索が行われます。

負の値の場合、 haystack の 最後の offset バイトをスキップし、 右から左に検索が行われ、 needle が最初に現れる場所を探します。

注意:

この方が、最後の offset バイトより前にある、 最後の needle を効率的に探せます。

返り値

needle が見つかった位置を、 haystack 文字列の先頭 (offset の値とは無関係) からの相対位置で返します。

注意: 文字列の開始位置は 0 であり、1 ではありません。

needle が見つからない場合は FALSE を返します。

警告

この関数は論理値 FALSE を返す可能性がありますが、FALSE として評価される値を返す可能性もあります。 詳細については 論理値の セクションを参照してください。この関数の返り値を調べるには ===演算子 を 使用してください。

例1 単純な strripos() の例

<?php
$haystack 
'ababcd';
$needle   'aB';

$pos      strripos($haystack$needle);

if (
$pos === false) {
    echo 
"ごめんなさい、($needle) が ($haystack) の中に見つかりませんでした。";
} else {
    echo 
"おめでとう!\n";
    echo 
"($needle) が最後に ($haystack) に現れた位置は ($pos) です。";
}
?>

上の例の出力は以下となります。

   おめでとう!
   (aB) が最後に (ababcd) に現れた位置は (2) です。

参考

  • strpos() - 文字列内の部分文字列が最初に現れる場所を見つける
  • stripos() - 大文字小文字を区別せずに文字列が最初に現れる位置を探す
  • strrpos() - 文字列中に、ある部分文字列が最後に現れる場所を探す
  • strrchr() - 文字列中に文字が最後に現れる場所を取得する
  • stristr() - 大文字小文字を区別しない strstr
  • substr() - 文字列の一部分を返す

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top