LaravelConf Taiwan 2020 CFP Started

strcoll

(PHP 4 >= 4.0.5, PHP 5, PHP 7)

strcollロケールに基づく文字列比較

説明

strcoll ( string $str1 , string $str2 ) : int

この比較は大文字小文字を区別すること、そして、 strcmp() とは異なり、 バイナリセーフではないことに注意してください。

strcoll() は比較を行う際に現在のロケールを使用します。 ロケールが C または POSIX の場合、この関数は strcmp() と等価です。

パラメータ

str1

最初の文字列。

str2

次の文字列。

返り値

str1str2 より小さい場合に 0 未満の値、str1str2 より大きい場合に 0 より大きな値、 両者が等しい場合に 0 を返します。

参考

  • preg_match() - 正規表現によるマッチングを行う
  • strcmp() - バイナリセーフな文字列比較
  • strcasecmp() - 大文字小文字を区別しないバイナリセーフな文字列比較を行う
  • substr() - 文字列の一部分を返す
  • stristr() - 大文字小文字を区別しない strstr
  • strncasecmp() - バイナリセーフで大文字小文字を区別しない文字列比較を、最初の n 文字について行う
  • strncmp() - 最初の n 文字についてバイナリセーフな文字列比較を行う
  • strstr() - 文字列が最初に現れる位置を見つける
  • setlocale() - ロケール情報を設定する

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top