PHP 8.1.0 Beta 1 available for testing

Imagick::adaptiveSharpenImage

(PECL imagick 2, PECL imagick 3)

Imagick::adaptiveSharpenImage順応して画像をシャープにする

説明

public Imagick::adaptiveSharpenImage(float $radius, float $sigma, int $channel = Imagick::CHANNEL_DEFAULT): bool

画像をシャープにします。 画像の端の方ほど強くシャープ処理を行い、 端から離れるにつれてシャープ処理の程度を弱くします。 このメソッドは、ImageMagick バージョン 6.2.9 以降で Imagick をコンパイルした場合に使用可能です。

パラメータ

radius

ガウス分布の半径。中心を含まないピクセル数。 0 を使用すると自動的に選択します。

sigma

ガウス分布の標準偏差 (ピクセル単位)。

channel

そのモードで有効なチャネル定数を指定します。 複数のチャネルを適用するには、チャネル定数 をビット演算子で組み合わせます。デフォルトは Imagick::CHANNEL_DEFAULT です。 チャネル定数 の一覧を参照ください。

返り値

成功した場合に true を返します。

例1 Imagick::adaptiveSharpenImage() の例

半径 2、シグマ 1 で順応性のシャープ処理を施します。

<?php
try {
    
$image = new Imagick('image.png');
    
$image->adaptiveSharpenImage(2,1);
} catch(
ImagickException $e) {
    echo 
'Error: ' $e->getMessage();
    die();
}
header('Content-type: image/png');
echo 
$image;
?>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top