PHP 8.1.0 Beta 1 available for testing

Imagick::setImageArtifact

(PECL imagick 3)

Imagick::setImageArtifact画像のアーチファクトを設定する

説明

public Imagick::setImageArtifact(string $artifact, string $value): bool

画像にアーチファクトを関連づけます。プロパティとアーチファクトの違いは、 プロパティは public であるのに対してアーチファクトは private であるという点です。 このメソッドは、ImageMagick バージョン 6.5.7 以降で Imagick をコンパイルした場合に使用可能です。

パラメータ

artifact

アーチファクトの名前。

value

アーチファクトの値。

返り値

成功した場合に true を返します。

エラー / 例外

エラー時に ImagickException をスローします。

例1 Imagick::setImageArtifact()

<?php
function setImageArtifact() {

    
$src1 = new \Imagick(realpath("./images/artifact/source1.png"));
    
$src2 = new \Imagick(realpath("./images/artifact/source2.png"));

    
$src2->setImageVirtualPixelMethod(\Imagick::VIRTUALPIXELMETHOD_TRANSPARENT);
    
$src2->setImageArtifact('compose:args'"1,0,-0.5,0.5");
    
$src1->compositeImage($src2Imagick::COMPOSITE_MATHEMATICS00);
    
    
$src1->setImageFormat('png');
    
header("Content-Type: image/png");
    echo 
$src1->getImagesBlob();
}

?>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top