変更履歴

標準添付の拡張モジュールには次のような変更がありました。

VersionFunctionDescription
PECL OCI8 1.4oci_set_prefetchこれより前のバージョンでは、rows は 1 以上でなければなりませんでした。
PECL OCI8 1.3.4oci_set_prefetchこれより前のバージョンでは、プリフェッチの上限は rows 行と 1024 * rows バイトのうちの少ないほうでした。 バイト数の制限は、このバージョンで取り除かれました。
PECL 3.0.0IntlDateFormatter::formatIntlCalendar オブジェクトを datetime に渡せるようになりました。
8.0.5imageinterlaceimageinterlace は、 bool を返すようになりました。 これより前のバージョンでは、int を返していました。 (インターレース画像の場合は 0 でない値を、 そうでない場合は 0 を返していました)
8.0.3bind_textdomain_codesetcodeset は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、 現在設定されているエンコーディングは取得できませんでした。
 bindtextdomaindirectory は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、現在設定されているディレクトリを取得できませんでした。
8.0.0, PECL OCI8 3.0.0OCICollection::appendOCI-Collection クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCICollection に名前が変更されました。
 OCICollection::assignOCI-Collection クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCICollection に名前が変更されました。
 OCICollection::assignElemOCI-Collection クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCICollection に名前が変更されました。
 OCICollection::freeOCI-Collection クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCICollection に名前が変更されました。
 OCICollection::getElemOCI-Collection クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCICollection に名前が変更されました。
 OCICollection::maxOCI-Collection クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCICollection に名前が変更されました。
 OCICollection::sizeOCI-Collection クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCICollection に名前が変更されました。
 OCICollection::trimOCI-Collection クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCICollection に名前が変更されました。
 OCILob::appendOCI-Lob クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCILob に名前が変更されました。
 OCILob::closeOCI-Lob クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCILob に名前が変更されました。
 OCILob::eofOCI-Lob クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCILob に名前が変更されました。
 OCILob::eraseOCI-Lob クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCILob に名前が変更されました。
 OCILob::exportOCI-Lob クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCILob に名前が変更されました。
 OCILob::flushOCI-Lob クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCILob に名前が変更されました。
 OCILob::freeOCI-Lob クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCILob に名前が変更されました。
 OCILob::getBufferingOCI-Lob クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCILob に名前が変更されました。
 OCILob::importOCI-Lob クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCILob に名前が変更されました。
 OCILob::loadOCI-Lob クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCILob に名前が変更されました。
 OCILob::readOCI-Lob クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCILob に名前が変更されました。
 OCILob::rewindOCI-Lob クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCILob に名前が変更されました。
 OCILob::saveOCI-Lob クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCILob に名前が変更されました。
 OCILob::saveFileOCI-Lob クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCILob に名前が変更されました。
 OCILob::seekOCI-Lob クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCILob に名前が変更されました。
 OCILob::setBufferingOCI-Lob クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCILob に名前が変更されました。
 OCILob::sizeOCI-Lob クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCILob に名前が変更されました。
 OCILob::tellOCI-Lob クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCILob に名前が変更されました。
 OCILob::truncateOCI-Lob クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCILob に名前が変更されました。
 OCILob::writeOCI-Lob クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCILob に名前が変更されました。
 OCILob::writeTemporaryOCI-Lob クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCILob に名前が変更されました。
 OCILob::writeToFileOCI-Lob クラスは、 PHP の名前付けの規約に従って OCILob に名前が変更されました。
8.0.0 / 1.18.1ZipArchive::addGloboptions に "comp_method", "comp_flags", "enc_method", "enc_password" が追加されました。
8.0.0 / 1.18.0ZipArchive::addEmptyDirflags が追加されました。
 ZipArchive::addFileflags が追加されました。
 ZipArchive::addFromStringflags が追加されました。
 ZipArchive::addGloboptions に "flags" が追加されました。
 ZipArchive::getStatusStringこのメソッドは、失敗時に false を返さなくなりました。
 ZipArchive::getStatusStringこのメソッドは、閉じられたアーカイブに対しても呼び出せるようになりました。
8.0.0CURLFile::__constructmime_type と posted_filename は nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値が 0 でした。
 DateTime::formatフォーマット文字 p が追加されました。
 DateTime::formatこれより前のバージョンでは、失敗時に false を返していました。
 DateTime::getOffsetこれより前のバージョンでは、失敗時に false を返していました。
 DateTime::getTimestampこれらの関数は、失敗時に false を返さなくなりました。
 DateTimeZone::getOffsetこれより前のバージョンでは、失敗時に false を返していました。
 DateTimeZone::listIdentifiersこれより前のバージョンでは、失敗時に false を返していました。
 DOMImplementation::createDocumentdoctype は、nullable になりました。
 apache_notenote_value は、nullable になりました。
 array_columnindex_key で指定されたカラムにオブジェクトが含まれていても、 文字列にキャストされなくなりました。 代わりに、TypeError が発生するようになっています。
 array_filtercallback は、nullable になりました。
 array_splicelength は、nullable になりました。
 bcaddscale は nullable になりました。
 bccompscale は、nullable になりました。
 bcdivscale は、nullable になりました。
 bcmodscale は nullable になりました。
 bcmulscale is now nullable.
 bcpowmodscale は、nullable になりました。
 bcscalescale is now nullable.
 bcsqrtscale は、nullable になりました。
 bzdecompressuse_less_memory の型は int から bool に変更されました。 これより前のバージョンでは、 デフォルト値は 0 でした。
 bzwritelength は、nullable になりました。
 com_event_sinksink_interface は、nullable になりました。
 com_get_active_objectcodepage は、nullable になりました。
 convert_uuencodeこれより前のバージョンでは、 空文字列を変換しようとすると、特別な理由がないのに false を返していました。
 count_charsこれより前のバージョンでは、この関数は失敗時に false を返していました。
 cryptsalt は、オプションではなくなりました。
 curl_closehandle は CurlHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_copy_handlehandle は CurlHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_copy_handle成功時に、この関数は CurlHandle クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、resource が返されていました。
 curl_errnohandle は CurlHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_errorhandle は CurlHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_escapehandle は CurlHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_exechandle は CurlHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_getinfooption は nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値は 0 でした。
 curl_getinfohandle は CurlHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_init成功時に、この関数は CurlHandle クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を返していました。
 curl_initurl は、nullable になりました。
 curl_multi_add_handlehandle は CurlHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_multi_add_handlemulti_handle は CurlMultiHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_multi_closemulti_handle は CurlMultiHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_multi_errnoこの関数は、失敗時に false を返さなくなりました。
 curl_multi_errnomulti_handle は CurlMultiHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_multi_execmulti_handle は CurlMultiHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_multi_getcontenthandle は CurlHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_multi_info_readmulti_handle は CurlMultiHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_multi_init成功時に、この関数は CurlMultiHandle クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を返していました。
 curl_multi_remove_handlemulti_handle は CurlMultiHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_multi_remove_handlehandle は CurlHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_multi_selectmulti_handle は CurlMultiHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_multi_setoptmulti_handle は CurlMultiHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_pausehandle は CurlHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_resethandle は CurlHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_setopthandle は CurlHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_setopt_arrayhandle は CurlHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_share_closeshare_handle は CurlShareHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_share_errnoshare_handle は CurlShareHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_share_errnoこの関数は、失敗時に false を返さなくなりました。
 curl_share_initこの関数は、CurlShareHandle クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を返していました。
 curl_share_setoptshare_handle は CurlShareHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 curl_unescapehandle は CurlHandle クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 datetimestamp は、nullable になりました。
 date_sunriselatitude, longitude, zenith, utcOffset は、nullable になりました。
 date_sunsetlatitude, longitude, zenith, utcOffset は、nullable になりました。
 deflate_addcontext は、 DeflateContext クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 deflate_init成功時に、この関数は DeflateContext クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を返していました。
 easter_dateyear は、nullable になりました。
 easter_daysyear は、nullable になりました。
 enchant_broker_describeこのバージョンより前では、この関数は失敗時に false を返していました。
 enchant_broker_describebroker は、EnchantBroker クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が期待されていました。
 enchant_broker_dict_existsbroker は、EnchantBroker クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が期待されていました。
 enchant_broker_freebroker は、EnchantBroker クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が期待されていました。
 enchant_broker_free_dictdictionary は、EnchantDictionary クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が期待されていました。
 enchant_broker_get_dict_pathbroker は、EnchantBroker クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が期待されていました。
 enchant_broker_get_errorbroker は、EnchantBroker クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が期待されていました。
 enchant_broker_init成功時に、この関数は EnchantBroker のインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が返されていました。
 enchant_broker_list_dictsbroker は、EnchantBroker クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が期待されていました。
 enchant_broker_list_dictsこのバージョンより前では、この関数は失敗時に false を返していました。
 enchant_broker_request_dict成功時に、この関数は EnchantDictionary のインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が返されていました。
 enchant_broker_request_dictbroker は、EnchantBroker クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が期待されていました。
 enchant_broker_request_pwl_dict成功時に、この関数は EnchantDictionary のインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が返されていました。
 enchant_broker_request_pwl_dictbroker は、EnchantBroker クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が期待されていました。
 enchant_broker_set_dict_pathbroker は、EnchantBroker クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が期待されていました。
 enchant_broker_set_orderingbroker は、EnchantBroker クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が期待されていました。
 enchant_dict_adddictionary は、EnchantDictionary クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が期待されていました。
 enchant_dict_add_to_sessiondictionary は、EnchantDictionary クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が期待されていました。
 enchant_dict_checkdictionary は、EnchantDictionary クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が期待されていました。
 enchant_dict_describeこのバージョンより前では、この関数は失敗時に false を返していました。
 enchant_dict_describedictionary は、EnchantDictionary クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が期待されていました。
 enchant_dict_get_errordictionary は、EnchantDictionary クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が期待されていました。
 enchant_dict_is_addeddictionary は、EnchantDictionary クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が期待されていました。
 enchant_dict_quick_checkdictionary は、EnchantDictionary クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が期待されていました。
 enchant_dict_store_replacementdictionary は、EnchantDictionary クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が期待されていました。
 enchant_dict_suggestdictionary は、EnchantDictionary クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソース が期待されていました。
 exif_read_datarequired_sections は、nullable になりました。
 finfo_buffercontext は、nullable になりました。
 finfo_filecontext は、nullable になりました。
 fsockopentimeout は、nullable になりました。
 getdatetimestamp は、nullable になりました。
 gmdatetimestamp は、nullable になりました。
 gmmktimehour はオプションではなくなりました。
 gmmktimeminute, second, month, day, year は、nullable になりました。
 gmp_binomialこの関数は、失敗時に false を返さなくなりました。
 gmp_exportこの関数は、失敗時に false を返さなくなりました。
 gmp_importこの関数は、失敗時に false を返さなくなりました。
 gmstrftimetimestamp は、nullable になりました。
 gzgetslength は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、 デフォルトは 1024 でした。
 gzwritelength は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値は 0 でした。
 hash_update_filestream_context は、nullable になりました。
 html_entity_decodeencoding は、nullable になりました。
 htmlentitiesencoding は、nullable になりました。
 iconv_mime_decodeencoding は、nullable になりました。
 iconv_mime_decode_headersencoding は、nullable になりました。
 iconv_strlenencoding は、nullable になりました。
 iconv_strposencoding は、nullable になりました。
 iconv_strrposencoding は、nullable になりました。
 iconv_substrlength と encoding は、nullable になりました。
 idatetimestamp は、nullable になりました。
 ignore_user_abortenable は、nullable になりました。
 imagegrabwindowclient_area は、 bool を期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、数値型を期待していました。
 imageinterlaceenable は、 bool の値を期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、数値型を期待していました。
 imagerotate使われていなかった ignore_transparent は、 bool を期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、数値型を期待していました。
 imagexbm使われていなかった第4引数は削除されました。
 imap_appendoptions と internal_date は、nullable になりました。
 imap_headerinfo未使用だった defaulthost が削除されました。
 imap_mailadditional_headers, cc, bcc, return_path は、nullable になりました。
 imap_sortreverse の型が、int から bool に変更されました。
 imap_sortsearch_criteria, charset は、 nullable になりました。
 implodearray の後に separator を渡すことは、サポートされなくなりました。
 inflate_addcontext は、 InflateContext クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 inflate_get_read_lencontext は、 InflateContext クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 inflate_get_statuscontext は、 InflateContext クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、resource を期待していました。
 inflate_init成功時に、この関数は InflateContext クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、 resource を返していました。
 jdtounixこの関数は、失敗時に false を返さなくなりました。 代わりに ValueError をスローするようになっています。
 ldap_addcontrols は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値が [] でした。
 ldap_add_extcontrols は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値が [] でした。
 ldap_bind_extcontrols は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値が [] でした。
 ldap_comparecontrols は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値が [] でした。
 ldap_deletecontrols は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値が [] でした。
 ldap_delete_extcontrols は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値が [] でした。
 ldap_exop_passwdcontrols は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値が [] でした。
 ldap_listcontrols は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値が [] でした。
 ldap_mod_addcontrols は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値が [] でした。
 ldap_mod_delcontrols は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値が [] でした。
 ldap_mod_replacecontrols は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値が [] でした。
 ldap_modify_batchcontrols は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値が [] でした。
 ldap_mod_add_extcontrols は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値が [] でした。
 ldap_mod_del_extcontrols は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値が [] でした。
 ldap_mod_replace_extcontrols は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値が [] でした。
 ldap_readcontrols は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値が [] でした。
 ldap_renamecontrols は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値が [] でした。
 ldap_rename_extcontrols は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値が [] でした。
 ldap_sasl_binddn, password, mech, realm, authc_id, authz_id, props は、nullable になりました。
 ldap_searchcontrols は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値が [] でした。
 ldap_set_rebind_proccallback は、nullable になりました。
 levenshteinこれより前のバージョンでは、 levenshtein 関数は引数を2個、 または5個指定して呼び出さなければなりませんでした。
 libxml_use_internal_errorsuse_errors は、nullable になりました。 これより前のバージョンでは、デフォルトは false でした。
 localtimetimestamp は、nullable になりました。
 mb_check_encodingvalue と encoding は、nullable になりました。
 mb_chrencoding は、nullable になりました。
 mb_convert_encodingfrom_encoding は、nullable になりました。
 mb_convert_kanaencoding は、nullable になりました。
 mb_decode_numericentityencoding は、nullable になりました。
 mb_detect_orderencoding は、nullable になりました。
 mb_encode_mimeheadercharset と transfer_encoding は、 nullable になりました。
 mb_encode_numericentityencoding は、nullable になりました。
 mb_eregこの関数は、成功時に true を返すようになりました。 これより前のバージョンでは、 string 内に pattern にマッチする文字列が存在し、かつ matches が渡された場合、 マッチした文字列のバイト長を返していました。 matches が渡されなかった場合、 あるいはマッチした文字列の長さが 0 だった場合、 この関数は 1 を返していました。
 mb_ereg_matchoptions は、nullable になりました。
 mb_ereg_replaceoptions は、nullable になりました。
 mb_ereg_replace_callbackoptions は、nullable になりました。
 mb_ereg_searchpattern と options は、nullable になりました。
 mb_ereg_search_initpattern と options は、nullable になりました。
 mb_ereg_search_pospattern と options は、nullable になりました。
 mb_ereg_search_regspattern と options は、nullable になりました。
 mb_eregiこの関数は、成功時に true を返すようになりました。 これより前のバージョンでは、 string 内に pattern にマッチする文字列が存在し、かつ matches が渡された場合、 マッチした文字列のバイト長を返していました。 matches が渡されなかった場合、 あるいはマッチした文字列の長さが 0 だった場合、 この関数は 1 を返していました。
 mb_eregi_replaceoptions は、nullable になりました。
 mb_get_info引数 type の "func_overload" と "func_overload_list" はサポートされなくなりました。
 mb_http_inputtype は、nullable になりました。
 mb_http_outputencoding は、nullable になりました。
 mb_internal_encodingencoding は、nullable になりました。
 mb_languagelanguage は、nullable になりました。
 mb_ordencoding は、nullable になりました。
 mb_parse_str第二引数はオプションではなくなりました。
 mb_regex_encodingencoding は、nullable になりました。
 mb_regex_set_optionsoptions は、nullable になりました。
 mb_regex_set_optionsoptions が指定され、null でない場合、 以前に 設定されていたオプションが返されるようになりました。 これより前のバージョンでは、 現在 設定されているオプションが返されていました。
 mb_scrubencoding は、nullable になりました。
 mb_send_mailadditional_params は、nullable になりました。
 mb_str_splitこの関数は、失敗時に false を返さなくなりました。
 mb_str_splitencoding は、nullable になりました。
 mb_strcutencoding は、nullable になりました。
 mb_strimwidthencoding は、nullable になりました。
 mb_striposencoding は、nullable になりました。
 mb_stristrencoding は、nullable になりました。
 mb_strlenencoding は、nullable になりました。
 mb_strposencoding は、nullable になりました。
 mb_strrchrencoding は、nullable になりました。
 mb_strrichrencoding は、nullable になりました。
 mb_strriposencoding は、nullable になりました。
 mb_strrposencoding は、nullable になりました。
 mb_strstrencoding は、nullable になりました。
 mb_strwidthencoding は、nullable になりました。
 mb_substitute_characterencoding は、nullable になりました。
 mb_substitute_charactersubstitute_character に空文字列を渡すことはサポートされなくなりました。 代わりに "none" を渡すべきです。
 mb_substrencoding は、nullable になりました。
 mb_substr_countencoding は、nullable になりました。
 metaphoneこの関数は、失敗時に false を返さなくなりました。
 mhashkey は、nullable になりました。
 mktimehour は、オプションではなくなりました。
 mktimeminute, second, month, day, year は、nullable になりました。
 msg_get_queue成功した場合、 この関数は SysvMessageQueue クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが返されていました。
 msg_receive引数 queue は、 SysvMessageQueue のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 msg_remove_queue引数 queue は、 SysvMessageQueue のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 msg_send引数 queue は、 SysvMessageQueue のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 msg_set_queue引数 queue は、 SysvMessageQueue のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 msg_stat_queue引数 queue は、 SysvMessageQueue のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 number_formatこれより前のバージョンでは、 number_format 関数は 引数を1個、2個、または4個受け入れていました(つまり、3個はダメでした)。
 ob_implicit_flushflag は、bool 型の値を期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、数値型が期待されていました。
 odbc_columnsschema, table, column は、nullable になりました。
 odbc_errorodbc は、nullable になりました。
 odbc_errormsgodbc は、nullable になりました。
 odbc_execflags は削除されました。
 odbc_fetch_rowrow は、nullable になりました。
 odbc_procedurecolumnsこれより前のバージョンでは、 この関数は引数をひとつ、または5個指定した場合のみ、呼び出すことが可能でした。
 odbc_proceduresこれより前のバージョンでは、 この関数は引数をひとつ、または4個指定した場合のみ、呼び出すことが可能でした。
 odbc_tablesschema, table, types は、nullable になりました。
 openssl_csr_exportcsr は、 OpenSSLCertificateSigningRequest クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 CSR 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_csr_export_to_filecsr は、 OpenSSLCertificateSigningRequest クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 CSR 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_csr_get_public_key成功した場合に、この関数は OpenSSLAsymmetricKey クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key 型のリソースが返されていました。
 openssl_csr_get_public_keycsr は、 OpenSSLCertificateSigningRequest クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 CSR 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_csr_get_subjectcsr は、 OpenSSLCertificateSigningRequest クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 CSR 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_csr_newprivate_key は、 OpenSSLAsymmetricKey クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_csr_new成功した場合に、この関数は OpenSSLCertificateSigningRequest クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 CSR 型のリソースが返されていました。
 openssl_csr_signprivate_key は、 OpenSSLAsymmetricKey または OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key または OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_csr_signcsr は、 OpenSSLCertificateSigningRequest のインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 CSR 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_csr_signca_certificate は、 OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_csr_sign成功した場合に、この関数は OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 型のリソースを返していました。
 openssl_dh_compute_keyprivate_key は、 OpenSSLAsymmetricKey クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_free_keyこの関数は推奨されなくなりました。 なぜなら、実行してもなんの効果もないからです。
 openssl_free_keykey は、 OpenSSLAsymmetricKey クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_openprivate_key は、 OpenSSLAsymmetricKey または OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key または OpenSSL X.509 CSR 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_opencipher_algo は、 オプションではなくなりました。
 openssl_pkcs7_decryptprivate_key は、 OpenSSLAsymmetricKey または OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key または OpenSSL X.509 CSR 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_pkcs7_encryptcertificate は、 OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 CSR 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_pkcs7_signprivate_key は、 OpenSSLAsymmetricKey または OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key または OpenSSL X.509 CSR 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_pkcs7_signcertificate は、 OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 CSR 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_pkcs7_verifysigners_certificates_filename, untrusted_certificates_filename, content, output_filename は、nullable になりました。
 openssl_pkcs12_exportprivate_key は、 OpenSSLAsymmetricKey または OpenSSLCertificate インスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key または OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_pkcs12_exportcertificate は、 OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 CSR 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_pkcs12_export_to_filecertificate は、 OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 CSR 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_pkcs12_export_to_fileprivate_key は、 OpenSSLAsymmetricKey または OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key または OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_pkey_exportkey は、 OpenSSLAsymmetricKey または OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key または OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_pkey_export_to_filekey は、 OpenSSLAsymmetricKey または OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key または OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_pkey_freeこの関数は推奨されなくなりました。 なぜなら、実行しても何の効果もなくなったからです。
 openssl_pkey_freekey は、 OpenSSLAsymmetricKey クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_pkey_get_detailskey は、 OpenSSLAsymmetricKey クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_pkey_get_privateprivate_key は、 OpenSSLAsymmetricKey または OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key または OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_pkey_get_private成功した場合に、 この関数は OpenSSLAsymmetricKey クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key 型のリソースを返していました。
 openssl_pkey_get_privatepassphrase は、nullable になりました。
 openssl_pkey_get_public成功した場合に、 この関数は OpenSSLAsymmetricKey クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key 型のリソースを返していました。
 openssl_pkey_get_publicpublic_key は、 OpenSSLAsymmetricKey または OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key または OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_pkey_new成功した場合に、 この関数は OpenSSLAsymmetricKey クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key 型のリソースを返していました。
 openssl_private_decryptprivate_key は、 OpenSSLAsymmetricKey または OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key または OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_private_encryptprivate_key は、 OpenSSLAsymmetricKey または OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key または OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_public_decryptpublic_key は、 OpenSSLAsymmetricKey または OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key または OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_public_encryptpublic_key は、 OpenSSLAsymmetricKey または OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key または OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_random_pseudo_bytesstrong_result は、nullable になりました。
 openssl_sealiv は、nullable になりました。
 openssl_sealpublic_key は、 OpenSSLAsymmetricKey クラスのインスタンスの配列を受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key 型のリソースの配列を受け入れていました。
 openssl_sealcipher_algo は、オプションではなくなりました。
 openssl_signprivate_key は、 OpenSSLAsymmetricKey または OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key または OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_spki_newprivate_key は、 OpenSSLAsymmetricKey クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_verifypublic_key は、 OpenSSLAsymmetricKey または OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key または OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_x509_check_private_keycertificate は、 OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_x509_check_private_keyprivate_key は、 OpenSSLAsymmetricKey または OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key または OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_x509_checkpurposeuntrusted_certificates_file は、nullable になりました。
 openssl_x509_checkpurposecertificate は、 OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_x509_exportcertificate は、 OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_x509_export_to_filecertificate は、 OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_x509_fingerprintcertificate は、 OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_x509_freeこの関数は推奨されなくなりました。 なぜなら、実行しても何も起きなくなったからです。
 openssl_x509_freecertificate は、 OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_x509_parsecertificate は、 OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_x509_read成功した場合に、この関数は OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 型のリソースを返していました。
 openssl_x509_readcertificate は、 OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_x509_verifycertificate は、 OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 openssl_x509_verifypublic_key は、 OpenSSLAsymmetricKey または OpenSSLCertificate クラスのインスタンスを受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、 OpenSSL key または OpenSSL X.509 型のリソースを受け入れていました。
 packこの関数は、失敗時に false を返さなくなりました。
 parse_strresult は、オプションではなくなりました。
 readline_infovar_name と value は、 nullable になりました。
 readline_read_historyfilename は、nullable になりました。
 readline_write_historyfilename は、nullable になりました。
 sem_acquire引数 semaphore は、 SysvSemaphore クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 sem_getauto_release の型が int から bool に変更されました
 sem_get成功した時、 この関数は SysvSemaphore クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが返されていました。
 sem_release引数 semaphore は、 SysvSemaphore クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 sem_remove引数 semaphore は、 SysvSemaphore クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 session_cache_expirevalue は、nullable になりました。
 session_cache_limitervalue は、nullable になりました。
 session_idid は、nullable になりました。
 session_module_namemodule は、nullable になりました。
 session_save_pathpath は、nullable になりました。
 session_set_cookie_paramspath, domain, secure, httponly は、 nullable になりました。
 set_error_handler@ エラー制御演算子 によって式のエラーメッセージが抑止されている場合でも、 errno の値は 0 ではなくなりました。
 set_error_handlererrcontext 引数は削除されました。 よって、ユーザー定義のコールバックに渡されることはありません。
 shm_attach成功時に、この関数は SysvSharedMemory クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが返されていました。
 shm_attachsize は、nullable になりました。
 shm_detach引数 shm は、 SysvSharedMemory クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 shm_get_var引数 shm は、 SysvSharedMemory クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 shm_has_var引数 shm は、 SysvSharedMemory クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 shm_put_var引数 shm は、 SysvSharedMemory クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 shm_remove引数 shm は、 SysvSharedMemory クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 shm_remove_var引数 shm は、 SysvSharedMemory クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 shmop_close引数 shmop は、 Shmop クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 shmop_delete引数 shmop は、 Shmop クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 shmop_open成功時に、この関数は Shmop クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが返されていました。
 shmop_read引数 shmop は、 Shmop クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースを期待していました。
 shmop_size引数 shmop は、 Shmop クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 shmop_writePHP 8.0.0 より前のバージョンでは、 失敗した時に false を返していました。
 shmop_write引数 shmop は、 Shmop クラスのインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 socket_accept成功した場合に、この関数は Socket クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースを返していました。
 socket_addrinfo_bindaddress は、AddressInfo クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_addrinfo_bind成功した場合に、この関数は Socket クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースを返していました。
 socket_addrinfo_connectaddress は、AddressInfo クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_addrinfo_connect成功した場合に、この関数は Socket クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースを返していました。
 socket_addrinfo_explainaddress は、AddressInfo クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_addrinfo_lookup成功した場合に、この関数は AddressInfo クラスのインスタンスの配列を返すようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースの配列を返していました。
 socket_addrinfo_lookupservice は、nullable になりました。
 socket_bindsocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_clear_errorsocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_clear_errorsocket は、nullable になりました。
 socket_closesocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_connectsocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_connectport は、nullable になりました。
 socket_create成功した場合に、この関数は Socket クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースを返していました。
 socket_create_listen成功した場合に、この関数は Socket クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースを返していました。
 socket_create_pairpair は、 Socket クラスのインスタンスの配列へのリファレンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソースの配列へのリファレンスでした。
 socket_export_streamsocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_get_optionsocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_getpeernamesocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_getsocknamesocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_import_stream成功した場合に、この関数は Socket クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースを返していました。
 socket_last_errorsocket は、nullable になりました。
 socket_last_errorsocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_listensocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_readsocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_recvsocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_recvfromsocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_recvmsgsocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_sendsocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_sendmsgsocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_sendtosocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_sendtoport は、nullable になりました。
 socket_set_blocksocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_set_nonblocksocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_set_optionsocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_shutdownsocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_writelength は、nullable になりました。
 socket_writesocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_wsaprotocol_info_exportsocket は、Socket クラスのインスタンスになりました。 これより前のバージョンでは、リソース型でした。
 socket_wsaprotocol_info_import成功した場合に、この関数は Socket クラスのインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースを返していました。
 soundexこれより前のバージョンでは、 空文字列をこの関数に渡すと、特別な理由がないのに false を返していました。
 sprintfこの関数は、失敗時に false を返さなくなりました。
 str_word_countcharacters は、nullable になりました。
 strcspnlength は、nullable になりました。
 strftimetimestamp は、nullable になりました。
 strip_tagsallowed_tags は、nullable になりました。
 striposneedle に数値を渡すことはサポートされなくなりました。
 stristrneedle に数値を渡すことはサポートされなくなりました。
 strposneedle に数値を渡すことはサポートされなくなりました。
 strrchrneedle に数値を渡すことはサポートされなくなりました。
 strriposneedle に数値を渡すことはサポートされなくなりました。
 strrposneedle に数値を渡すことはサポートされなくなりました。
 strspnlength は、nullable になりました。
 strstrneedle に数値を渡すことはサポートされなくなりました。
 strtotimebaseTimestamp は、nullable になりました。
 substrこの関数は、前のバージョンで false を返す場合に、空文字列を返すようになりました。
 substrlength は、nullable になりました。
 substr_comparelength は、nullable になりました。
 substr_countlength は、nullable になりました。
 substr_replacelength は、nullable になりました。
 unixtojdtimestamp は、nullable になりました。
 vsprintfこの関数は、失敗時に false を返さなくなりました。
 xml_get_current_byte_index引数 parser は、 XMLParser インスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 xml_get_current_column_number引数 parser は、 XMLParser インスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 xml_get_current_line_number引数 parser は、 XMLParser インスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 xml_get_error_code引数 parser は、 XMLParser インスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 xml_parse引数 parser は、 XMLParser インスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 xml_parse_into_struct引数 parser は、 XMLParser インスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 xml_parser_createこの関数は XMLParser のインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが返され、失敗した場合は false が返っていました。
 xml_parser_createencoding は、nullable になりました。
 xml_parser_create_nsencoding は、 nullable になりました。
 xml_parser_create_nsこの関数は XMLParser のインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが返され、失敗した場合は false が返されていました。
 xml_parser_free引数 parser は、 XMLParser インスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 xml_parser_get_option引数 parser は、 XMLParser インスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 xml_parser_set_option引数 parser は、 XMLParser インスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 xml_set_character_data_handler引数 parser は、 XMLParser インスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 xml_set_default_handler引数 parser は、 XMLParser インスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 xml_set_element_handler引数 parser は、 XMLParser インスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 xml_set_end_namespace_decl_handler引数 parser は、 XMLParser インスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 xml_set_external_entity_ref_handler引数 parser は、 XMLParser インスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 xml_set_notation_decl_handler引数 parser は、 XMLParser インスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 xml_set_object引数 parser は、 XMLParser インスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 xml_set_processing_instruction_handler引数 parser は、 XMLParser インスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 xml_set_start_namespace_decl_handler引数 parser は、 XMLParser インスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 xml_set_unparsed_entity_decl_handler引数 parser は、 XMLParser インスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 zip_closeこの関数は非推奨になりました。オブジェクト志向のAPIを使うのが望ましいです。 ZipArchive::close を参照して下さい。
 zip_entry_closeこの関数は非推奨になりました。オブジェクト志向のAPIを使うのが望ましいです。
 zip_entry_compressedsizeこの関数は非推奨になりました。オブジェクト志向のAPIを使うのが望ましいです。 ZipArchive::statIndex を参照して下さい。
 zip_entry_compressionmethodこの関数は非推奨になりました。オブジェクト志向のAPIを使うのが望ましいです。 ZipArchive::statIndex を参照して下さい。
 zip_entry_filesizeこの関数は非推奨になりました。オブジェクト志向のAPIを使うのが望ましいです。 ZipArchive::statIndex を参照して下さい。
 zip_entry_nameこの関数は非推奨になりました。オブジェクト志向のAPIを使うのが望ましいです。 ZipArchive::statIndex を参照して下さい。
 zip_entry_openこの関数は非推奨になりました。オブジェクト志向のAPIを使うのが望ましいです。
 zip_entry_readこの関数は非推奨になりました。オブジェクト志向のAPIを使うのが望ましいです。 ZipArchive::getFromIndex を参照して下さい。
 zip_openこの関数は非推奨になりました。オブジェクト志向のAPIを使うのが望ましいです。 ZipArchive::open を参照して下さい。
 zip_readこの関数は非推奨になりました。オブジェクト志向のAPIを使うのが望ましいです。 ZipArchive::statIndex を参照して下さい。
 mysqli_result::fetch_objectconstructor_args は、 引数を指定しない場合に [] を受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、例外がスローされていました。
 mysqli_stmt::__constructquery は、nullable になりました。
 mysqli::begin_transactionname は、nullable になりました。
 mysqli::commitname は、nullable になりました。
 mysqli::rollbackname は、nullable になりました。
 ReflectionClass::getConstantsfilter が追加されました。
 ReflectionClass::getReflectionConstantsfilter が追加されました。
 ReflectionMethod::getClosureobject は、nullable になりました。
 ReflectionParameter::getDefaultValueビルトイン関数 や ビルトインクラス のメソッドについても、デフォルト値を取得できるようになりました。 これより前のバージョンでは、ReflectionException がスローされていました。
 ReflectionParameter::getDefaultValueConstantNameビルトイン関数 や ビルトインクラス のメソッドについても、デフォルト値の定数名を取得できるようになりました。 これより前のバージョンでは、ReflectionException がスローされていました。
 ReflectionProperty::getValueobject は、nullable になりました。
 ReflectionProperty::isInitializedobject は、nullable になりました。
 SoapClient::__doRequestoneWay の型は bool になりました。 これより前のバージョンでは、int でした。
 SoapClient::__setCookievalue は、nullable になりました。
 SoapServer::handlerequest は、nullable になりました。
 tidy::__constructfilename, config, encoding, useIncludePath は、nullable になりました。
 tidy::parseFileconfig と encoding は、 nullable になりました。
 tidy::parseStringconfig と encoding は、nullable になりました。
 tidy::repairStringこの関数は、 useIncludePath を引数として受け入れなくなりました。
 tidy::repairStringconfig と encoding は、 nullable になりました。
 tidy::repairStringtidy::repairString は、静的メソッドになりました。
 XMLReader::getAttributeこの関数は false を返さなくなりました。
 XMLReader::getAttributeNsこの関数は false を返さなくなりました。
 XMLReader::lookupNamespaceこの関数は false を返さなくなりました。
 XMLReader::nextname は、nullable になりました。
 XMLReader::openXMLReader::open は静的メソッドとして宣言されました。 しかし、XMLReader のインスタンス経由でも呼び出すことが出来ます。
 XMLReader::XMLXMLReader::XML は、静的メソッドとして宣言されています。 しかし、XMLReader のインスタンス経由でも呼び出すことができます。
 XMLWriter::endAttribute引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::endCdata引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::endComment引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::endDocument引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::endDtd引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::endDtdAttlist引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::endDtdElement引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::endDtdEntity引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::endElement引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::endPi引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::flushこの関数は、false を返さなくなりました。
 XMLWriter::flush引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::fullEndElement引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::openMemoryこの関数は、成功した時に XMLWriter のインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが返されていました。
 XMLWriter::openUriこの関数は、成功時に XMLWriter のインスタンスを返すようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが返されていました。
 XMLWriter::outputMemory引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::setIndent引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::setIndentString引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::startAttribute引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::startAttributeNsprefix is nullable now.
 XMLWriter::startAttributeNs引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::startCdata引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::startComment引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::startDocument引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::startDtd引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::startDtdAttlist引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::startDtdElement引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::startDtdEntity引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::startElement引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::startElementNs引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::startPi引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::text引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::writeAttribute引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::writeAttributeNs引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::writeCdata引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::writeComment引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::writeDtd引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::writeDtdAttlist引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::writeDtdElement引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::writeDtdEntity引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::writeDtdEntitypublicId, systemId, notationData は、nullable になりました。
 XMLWriter::writeElement引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::writeElementNs引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::writePi引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 XMLWriter::writeRaw引数 writer は、XMLWriter のインスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、リソースが期待されていました。
 ZipArchive::setEncryptionIndexpassword は、nullable になりました。
 ZipArchive::setEncryptionNamepassword は、nullable になりました。
7.4.4proc_openother_options パラメータに オプション create_new_console が追加されました。
7.4.0array_mergeこの関数は、引数なしでも呼び出せるようになりました。 このバージョンより前では、少なくともひとつの引数が必須でした。
 array_merge_recursiveこの関数は、引数なしでも呼び出せるようになりました。 このバージョンより前では、少なくともひとつの引数が必須でした。
 base_convert無効な文字を与えると、非推奨の警告が出るようになりました。 結果は不正な文字がなかったかのように計算されます。
 bindec無効な文字を与えると、非推奨の警告が出るようになりました。 結果は不正な文字がなかったかのように計算されます。
 chrcodepoint に対して、 サポートされていない入力が与えられた場合、 黙って0 にキャストする動作をしなくなりました。
 fgetcsvescape パラメータが空文字列を受け入れるようになりました。 この場合、プロプライエタリなエスケープ機構が無効になります。
 fputcsvescape_char パラメータが、 プロプライエタリなエスケープ機構を無効にするために空文字列を受け入れるようになりました。
 get_declared_classes以前のバージョンでは、get_declared_classes 関数は 子クラスの前に親クラスを常に返していました。 このバージョンからは、そうした動きはなくなりました。 この関数の戻り値について、特定の順序は保証されません。
 get_magic_quotes_gpcこの関数は推奨されなくなりました。
 get_magic_quotes_runtimeこの関数は推奨されなくなりました。
 gzreadこの関数は、失敗時に false を返すようになりました。 これより前のバージョンでは、0 を返していました。
 gzwriteこの関数は、失敗時に false を返すようになりました。 これより前のバージョンでは、0 を返していました。
 hash_algoscrc32c のサポートを追加しました。
 hexdec無効な文字を与えると、非推奨の警告が出るようになりました。 結果は不正な文字がなかったかのように計算されます。
 idn_to_asciivariant のデフォルト値が INTL_IDNA_VARIANT_UTS46 となり、 その代わりに INTL_IDNA_VARIANT_2003 は非推奨となりました。
 idn_to_utf8variant のデフォルト値が INTL_IDNA_VARIANT_UTS46 となり、 その代わりに INTL_IDNA_VARIANT_2003 は非推奨となりました。
 imagecropautoPHP にバンドルされた imagecropauto() の振る舞いは、 システムにインストールされる libgd のそれと同じになりました。 つまり、IMG_CROP_DEFAULT が IMG_CROP_SIDES にフォールバックすることはななくなり、 しきい値によるクロップは、 システムにインストールされる libgd のアルゴリズムと同じものを使うようになりました。
 imagecropautomode パラメータのデフォルト値が IMG_CROP_AUTO に変更されました。 これより前のバージョンでは、デフォルト値は -1 で、IMG_CROP_DEFAULT に対応しています。 しかし、-1 を渡すのは非推奨になりました。
 imagefilterScatter 効果のサポート (IMG_FILTER_SCATTER) が追加されました。
 implodearray の後に separator を渡すこと (つまり、古いシグネチャを使うこと) は、推奨されなくなりました。
 ldap_control_paged_resultこの関数は非推奨になりました。
 ldap_control_paged_result_responseこの関数は非推奨になりました。
 money_formatこの関数は非推奨になりました。 代わりに、NumberFormatter::formatCurrency を使ってください。
 octdec無効な文字を与えると、非推奨の警告が出るようになりました。 結果は不正な文字がなかったかのように計算されます。
 password_hashalgo パラメータは string を期待するようになりました。 しかし、後方互換性のために int も未だ受け入れています。
 password_needs_rehashalgo パラメータは string を期待するようになりました。 しかし、後方互換性のために int も未だ受け入れています。
 preg_replace_callbackパラメータ flags が追加されました。
 preg_replace_callback_arrayパラメータ flags が追加されました。
 proc_openproc_open 関数は、 cmd に array を渡せるようになりました。
 proc_openother_options パラメータに オプション create_process_group が追加されました。
 statシンボリックリンクの場合、 size, atime, mtime, ctime の統計情報は、ファイルの実体の値が返されるようになりました。 これより前のバージョンの Windows NTS ビルドはそうではありませんでした。
 statWindows では、 デバイス番号は、ファイルが含まれるボリュームのシリアル番号を返すようになりました。 そして、inode 番号は、ファイルに関連付けられた識別子を返すようになりました。
 str_getcsvescape 引数は、 空文字列を、プロプライエタリなエスケープ機構を無効にするシグナルとして解釈するようになりました。 これより前のバージョンでは、空文字列はデフォルト値のように扱われていました。
 strip_tagsallowed_tags は、array も受け入れるようになりました。
 SplFileObject::fgetcsvescape パラメータは空文字列を受け入れるようになりました。 この場合、プロプライエタリなエスケープ機構が無効になります。
 SplFileObject::fputcsvescape パラメータは空文字列を受け入れるようになりました。 この場合、プロプライエタリなエスケープ機構が無効になります。
 SplFileObject::fwriteこの関数は、失敗した時に0ではなく false を返すようになりました。
 SplFileObject::getCsvControlエスケープ文字は空文字列でも問題なくなりました。
 SplFileObject::setCsvControlescape パラメータは空文字列を受け入れるようになりました。 この場合、プロプライエタリなエスケープ機構が無効になります。
 SQLite3Stmt::bindParamparam は、 @param 記法もサポートするようになりました。
 SQLite3Stmt::bindValueparam が、新たに @param 記法をサポートしました。
7.3.24, 7.4.12jdtounixjulian_day の上限が拡張されました。 これより前のバージョンでは、アーキテクチャに関わらず、 2465342 が上限でした。
 tidyNode::isHtml適切な振る舞いをするように修正されました。 これより前のバージョンでは、ほとんど全てのノードをHTML要素だと報告していました。
7.3.15, 7.4.3curl_setoptCURLOPT_HTTP09_ALLOWED が追加されました。
7.3.14, 7.4.2dba_openlmdb ドライバは $mapsize パラメータを追加でサポートしました。
7.3.0DateTime::createFromFormat書式文字列 v が追加されました。
 apache_request_headersFPM SAPI でもこの関数が使えるようになりました。
 array_pushこの関数は、1 つのパラメータでのみ呼び出すことができるようになりました。 前は、少なくとも 2 つのパラメータが必要でした。
 array_unshiftこの関数は、1 つのパラメータでのみ呼び出すことができるようになりました。 前は、少なくとも 2 つのパラメータが必要でした。
 bcmulbcmul 関数が、指定されたスケールの数値を返すようになりました。 これより前のバージョンでは、 返される数値の末尾が 0埋め されることなく、省略される可能性がありました。
 bcpowbcpow 関数は、指定されたスケールで値を返すようになりました。 これより前のバージョンでは、後に続く0の桁が省略された数値が返される可能性がありました。
 bcscalebcscale は、現在のスケールを取得するために 使えるようになりました。スケールを設定する場合は、古いスケールの値を返します。 これより前のバージョンでは、 scale の指定が強制され、 bcscale は常に true を返していました。
 compactcompact は、与えられた文字列が示す変数が未定義の場合、 E_NOTICE レベルのエラーを発行するようになりました。 以前のバージョンでは、設定されていない全ての文字列は、単にスキップされます。
 curl_getinfoCURLINFO_CONTENT_LENGTH_DOWNLOAD_T, CURLINFO_CONTENT_LENGTH_UPLOAD_T, CURLINFO_HTTP_VERSION, CURLINFO_PROTOCOL, CURLINFO_PROXY_SSL_VERIFYRESULT, CURLINFO_SCHEME, CURLINFO_SIZE_DOWNLOAD_T, CURLINFO_SIZE_UPLOAD_T, CURLINFO_SPEED_DOWNLOAD_T, CURLINFO_SPEED_UPLOAD_T, CURLINFO_APPCONNECT_TIME_T, CURLINFO_CONNECT_TIME_T, CURLINFO_FILETIME_T, CURLINFO_NAMELOOKUP_TIME_T, CURLINFO_PRETRANSFER_TIME_T, CURLINFO_REDIRECT_TIME_T, CURLINFO_STARTTRANSFER_TIME_T, CURLINFO_TOTAL_TIME_T が追加されました。
 curl_setoptCURLOPT_ABSTRACT_UNIX_SOCKET, CURLOPT_KEEP_SENDING_ON_ERROR, CURLOPT_PRE_PROXY, CURLOPT_PROXY_CAINFO, CURLOPT_PROXY_CAPATH, CURLOPT_PROXY_CRLFILE, CURLOPT_PROXY_KEYPASSWD, CURLOPT_PROXY_PINNEDPUBLICKEY, CURLOPT_PROXY_SSLCERT, CURLOPT_PROXY_SSLCERTTYPE, CURLOPT_PROXY_SSL_CIPHER_LIST, CURLOPT_PROXY_SSLKEY, CURLOPT_PROXY_SSLKEYTYPE, CURLOPT_PROXY_SSL_OPTIONS, CURLOPT_PROXY_SSL_VERIFYHOST, CURLOPT_PROXY_SSL_VERIFYPEER, CURLOPT_PROXY_SSLVERSION, CURLOPT_PROXY_TLSAUTH_PASSWORD, CURLOPT_PROXY_TLSAUTH_TYPE, CURLOPT_PROXY_TLSAUTH_USERNAME, CURLOPT_SOCKS5_AUTH, CURLOPT_SUPPRESS_CONNECT_HEADERS, CURLOPT_DISALLOW_USERNAME_IN_URL, CURLOPT_DNS_SHUFFLE_ADDRESSES, CURLOPT_HAPPY_EYEBALLS_TIMEOUT_MS, CURLOPT_HAPROXYPROTOCOL, CURLOPT_PROXY_TLS13_CIPHERS, CURLOPT_SSH_COMPRESSION, CURLOPT_TIMEVALUE_LARGE および CURLOPT_TLS13_CIPHERS が追加されました。
 definecase_insensitive は非推奨になりました。 8.0.0 で削除される予定です。
 ftp_fgetmode パラメータはオプションになりました。 これより前のバージョンでは、このパラメータは必須でした。
 ftp_fputmode パラメータはオプションになりました。 これより前のバージョンでは、このパラメータは必須でした。
 ftp_getmode パラメータはオプションになりました。 これより前のバージョンでは、このパラメータは必須でした。
 ftp_nb_fgetmode パラメータはオプションになりました。 これより前のバージョンでは、このパラメータは必須でした。
 ftp_nb_fputmode パラメータはオプションになりました。 これより前のバージョンでは、このパラメータは必須でした。
 ftp_nb_getmode パラメータはオプションになりました。 これより前のバージョンでは、このパラメータは必須でした。
 ftp_nb_putmode パラメータはオプションになりました。 これより前のバージョンでは、このパラメータは必須でした。
 ftp_putmode パラメータはオプションになりました。 これより前のバージョンでは、このパラメータは必須でした。
 getallheadersFPM SAPI でもこの関数が使えるようになりました。
 imagecreatefromstringWEBP がサポートされました。 (但し、使っている libgd がサポートしている場合に限ります)
 is_countableis_countable が追加されました。
 json_decodeflags パラメータに JSON_THROW_ON_ERROR が追加されました。
 json_encodeflags パラメータに JSON_THROW_ON_ERROR が追加されました。
 list配列へ分割して代入する操作が、リファレンスへの代入をサポートしました。
 mb_convert_casemode に MB_CASE_FOLD, MB_CASE_UPPER_SIMPLE, MB_CASE_LOWER_SIMPLE, MB_CASE_TITLE_SIMPLE, MB_CASE_FOLD_SIMPLE のサポートが追加されました。
 password_hashPASSWORD_ARGON2ID を使った、 Argon2id パスワードのサポートが追加されました。
 preg_quote# 文字がクォートされるようになりました。
 session_get_cookie_params返される配列に、"samesite" エントリが追加されました。
 session_set_cookie_params連想配列 lifetime_or_options をサポートする、 別のシグネチャが追加されました。 このシグネチャは、SameSite クッキー属性の設定もサポートします。
 setcookieoptions 配列をサポートする追加のシグネチャが追加されました。 このシグネチャは、SameSite クッキー属性の設定もサポートしています。
 setrawcookieoptions 配列をサポートする追加のシグネチャが追加されました。 このシグネチャは、SameSite クッキー属性の設定もサポートしています。
 striposneedle に数値を渡すことは非推奨になりました。
 stristrneedle に数値を渡すことは非推奨になりました。
 strposneedle に数値を渡すことは非推奨になりました。
 strrchrneedle に数値を渡すことは非推奨になりました。
 strriposneedle に数値を渡すことは非推奨になりました。
 strrposneedle に数値を渡すことは非推奨になりました。
 strstrneedle に数値を渡すことは非推奨になりました。
 unlinkWindows で、使用中のハンドルを使ってファイルを unlink できるようになりました。 これより前のバージョンでは、失敗していました。 但し、unlink されたファイルを再生成できるようになっているわけでは未だありません。 そうするには、全てのハンドルが閉じられている必要があります。
 var_exportstdClass オブジェクトは、 存在しないメソッド stdClass::__setState を使わず、 配列をオブジェクトにキャストした形 ((object) array( ... )) でエクスポートされるようになりました。 この変更によって、stdClass がエクスポート可能になり、 このバージョンより前の PHP でもエクスポートした結果が動くようになりました。
 xml_set_external_entity_ref_handler拡張モジュールが libxml を使ってビルドされた場合には、コールバック handler の戻り値が無視されることはなくなりました。 このバージョン以前はコールバックの戻り値が無視され、パースが止まりませんでした。
 xml_set_external_entity_ref_handler拡張機能が libxml を使ってビルドされていた場合、 handler の戻り値は無視されることはなくなりました。 これより前のバージョンでは、戻り値が無視されていた上、パースが止まりませんでした。
7.3ldap_addcontrols のサポートが追加されました。
 ldap_comparecontrols のサポートが追加されました。
 ldap_deletecontrols のサポートが追加されました。
 ldap_exopserverctrls のサポートが追加されました。
 ldap_exop_passwdcontrols のサポートが追加されました。
 ldap_listcontrols のサポートが追加されました。
 ldap_mod_addcontrols のサポートが追加されました。
 ldap_mod_delcontrols のサポートが追加されました。
 ldap_mod_replacecontrols のサポートが追加されました。
 ldap_modify_batchcontrols のサポートが追加されました。
 ldap_mod_add_extcontrols のサポートが追加されました。
 ldap_mod_del_extcontrols のサポートが追加されました。
 ldap_mod_replace_extcontrols のサポートが追加されました。
 ldap_parse_resultcontrols のサポートが追加されました。
 ldap_readcontrols のサポートが追加されました。
 ldap_renamecontrols のサポートが追加されました。
 ldap_rename_extcontrols のサポートが追加されました。
 ldap_searchcontrols のサポートが追加されました。
7.2.19, 7.3.6, 7.4.0DatePeriod::__constructrecurrences は、0 より大きな値が必須になりました。
7.2.19, 7.3.6SplFileObject::__toStringSplFileObject::current のエイリアスから、 SplFileObject::fgets のエイリアスに変わりました。
7.2.18, 7.3.5substr_compareoffset の値は、 haystack の長さと等しくても問題なくなりました。
7.2.0array_uniqueflags が SORT_STRING の場合、 新しい配列が生成され、ユニークな要素が追加されるようになりました。 これによって、異なった数値のインデックスが振られる可能性があります。 これより前のバージョンでは、 array がコピーされ、 (配列を後にパックせずに) ユニークでない値が削除されていました。
 assertassertion に string を使うことは 推奨されなくなりました。 assert.active と zend.assertions が 両方 1 に設定されると、 E_DEPRECATED レベルの警告が発生するようになりました。
 bcmodnum1 と num2 は 整数に切り詰められることがなくなりました。 よって、bcmod の振る舞いは % 演算子ではなく、 fmod に従うことになります。
 bcmodscale パラメータが追加されました。
 countcount 関数は、 value パラメータに、 不正な Countable 型を渡した場合に 警告を発生させるようになりました。
 date_parse返される配列の zone 要素が、 分ではなく秒を表すようになり、 符号が逆になりました。 たとえば、 -120 は 7200 を表すようになります。
 date_parse_from_format返される配列の zone 要素が、 分ではなく秒を表すようになり、 符号が逆になりました。 たとえば、 -120 は 7200 を表すようになります。
 exif_read_datafile パラメータは ローカルファイルとストリームリソースを両方サポートするようになりました。
 exif_read_data以下の EXIF フォーマットのサポートが追加されました: Samsung DJI Panasonic Sony Pentax Minolta Sigma/Foveon AGFA Kyocera Ricoh Epson
 exif_thumbnailfile パラメータは ローカルファイルとストリームリソースを両方サポートするようになりました。
 get_classnull は、object のデフォルトのパラメータとして 扱われなくなり、 正しい入力ではなくなりました。 これより前のバージョンでは、object のデフォルトのパラメータは null であり、何も値を渡さないのと同じ意味でした。
 gettypeクローズ済みのリソースを渡すと 'resource (closed)'を返すようになりました。 以前は 'unknown type'を返していました。
 hash_copyリソースのかわりに、HashContext を受け入れ、返すようになりました。
 hash_finalリソースの代わりに、HashContext を受け入れるようになりました。
 hash_hmac暗号に適さないハッシュ関数 (adler32, crc32, crc32b, fnv132, fnv1a32, fnv164, fnv1a64, joaat) は使えなくなりました。
 hash_hmac_file暗号に適さないハッシュ関数 (adler32, crc32, crc32b, fnv132, fnv1a32, fnv164, fnv1a64, joaat) は使えなくなりました。
 hash_initリソースの代わりに HashContext を返すようになりました。
 hash_init暗号に適さないハッシュ関数 (adler32, crc32, crc32b, fnv132, fnv1a32, fnv164, fnv1a64, joaat) は使えなくなりました。
 hash_pbkdf2暗号の使用に適さないハッシュ関数 (adler32, crc32, crc32b, fnv132, fnv1a32, fnv164, fnv1a64, joaat) は使えなくなりました。
 hash_updateリソースの代わりに HashContext を受け入れるようになりました。
 hash_update_fileリソースの代わりに HashContext を受け入れるようになりました。
 hash_update_streamリソースの代わりに HashContext を受け入れるようになりました。
 idn_to_asciiINTL_IDNA_VARIANT_2003 は非推奨です。代わりに INTL_IDNA_VARIANT_UTS46 を使用してください。
 idn_to_utf8INTL_IDNA_VARIANT_2003 は非推奨です。代わりに INTL_IDNA_VARIANT_UTS46 を使用してください。
 imageantialiasimageantialias が常に使えるようになりました。 これまでのバージョンでは、PHP にバンドルされている GD ライブラリでコンパイルした場合にしか使えませんでした。
 imagegdimagegd が truecolor 画像を出力できるようになりました。 これまでのバージョンでは、暗黙のうちにパレット画像に変換されていました。
 imagelayereffectIMG_EFFECT_MULTIPLY が追加されました (システムの libgd が 2.1.1 以降であるか、バンドルされている libgd を使う必要があります)。
 imagetypesIMG_BMP が追加されました。
 is_objectクラス定義が存在せず (__PHP_Incomplete_Class クラス)、 かつシリアライズ化されていないオブジェクトに対して、 is_object 関数は true を返すようになりました。 これより前のバージョンでは、false を返していました。
 json_decodeflags パラメータに JSON_INVALID_UTF8_IGNORE および JSON_INVALID_UTF8_SUBSTITUTE が追加されました。
 json_decodeassociative は nullable になりました。
 json_encodeflags パラメータに JSON_INVALID_UTF8_IGNORE と JSON_INVALID_UTF8_SUBSTITUTE が追加されました。
 mailadditional_headers パラメータは、 array も受け入れるようになりました。
 mb_check_encodingこの関数は、value に配列を受け入れるようになりました。 このバージョンより前では、文字列のみがサポートされていました。
 mb_convert_encodingこの関数は、 string に 配列を受け入れるようになりました。 これより前のバージョンでは、文字列のみがサポートされていました。
 mb_parse_str第二引数なしで mb_parse_str を呼び出すことは推奨されなくなりました。
 mb_send_mailadditional_headers パラメータは、 array も受け付けるようになりました。
 mt_randmt_rand 関数の モジュロバイアスに関するバグが 修正されました。 これは、特定のシードを用いて生成したシーケンスは、64bit マシン上での PHP 7.1 と出力が異なる可能性があることを意味します。
 number_formatnumber_format は、 -0 を返さないように変更されました。 これより前のバージョンでは、 num が -0.01 のようなケースで -0 が返される場合がありました。
 openssl_pkcs7_verifyoutput_filename パラメータが追加されました。
 packfloat と double 型は、ビッグエンディアンとリトルエンディアンを両方サポートしました。
 parse_strparse_str関数を 第二引数を指定せずに使うと E_DEPRECATED レベルの警告が発生するようになりました。
 password_hashPASSWORD_ARGON2I を使った、 Argon2i パスワードのサポートが追加されました。
 preg_match$flags パラメータが PREG_UNMATCHED_AS_NULL をサポートしました。
 preg_match_all$flags パラメータが PREG_UNMATCHED_AS_NULL をサポートしました。
 preg_quotedelimiter は、nullable になりました。
 proc_niceこの関数は、Windows で利用できるようになりました。
 randrand 関数のモジュロバイアスに関するバグが 修正されました。 これは、特定のシードから生成されるシーケンスが 64bit PHP 7.1 のそれとは異なる可能性があるということです。
 read_exif_dataこの関数エイリアスは非推奨になりました。
 session_abortこの関数の返り値の型は bool になりました。 以前は void でした。
 session_module_nameモジュール名に "user" を設定することは、 明示的に禁止されるようになりました。 これより前のバージョンでは、 "user" を設定しても静かに無視されていました。
 session_namesession_name 関数は、 セッションの状態をチェックするようになりました。 これより前のバージョンでは、 クッキー の状態をチェックするだけでした。 そのため、古い session_name 関数は session_start 関数の後に session_name 関数をを呼び出すことを許して しまっており、それが PHP のクラッシュや不具合を起こす可能性がありました。
 session_namename は、nullable になりました。
 session_resetこの関数の返り値の型は bool になりました。 以前は void でした。
 session_set_cookie_params成功した場合に true を、失敗した場合に false を返します。 以前はこの関数は void を返していました。
 session_unsetこの関数の返り値の型は bool になりました。 以前は void でした。
 session_write_closeこの関数の返り値の型は bool になりました。 以前は void でした。
 set_error_handlererrcontext が非推奨になりました。 このパラメーターを使うと、 E_DEPRECATED レベルの警告が発生するようになりました。
 unpackfloat および double 型は、 ビッグエンディアンとリトルエンディアンの両方をサポートします。
 utf8_decodeこの関数は PHP のコアに移動しました。 よって、XML拡張機能でこの関数のために必要とされていた条件は撤廃されました。
 utf8_encodeこの関数は PHP のコアに移動しました。 よって、XML拡張機能でこの関数のために必要とされていた条件は撤廃されました。
 PDOStatement::debugDumpParamsPDOStatement::debugDumpParams は、データベースに送られた 完全な、(プレースホルダーをバインドされた値で置き換えた) 生のSQLクエリを返すようになりました。 これは、プリペアドステートメントがエミュレートされていた場合のみ利用できることに注意してください。
 ReflectionClass::getMethodsfilter は、nullable になりました。
 ReflectionClass::getPropertiesfilter は、nullable になりました。
 SQLite3::openBlobflags が追加されました。 BLOB に書き込むことができます。これより前のバージョンでは、読み取りのみがサポートされていました。
7.1.24, 7.2.12, 7.3.0xml_parser_get_optionoptions が 新たに XML_OPTION_SKIP_TAGSTART と XML_OPTION_SKIP_WHITE をサポートしました。
7.1.5IntlDateFormatter::formatdatetime パラメータに 一般的な DateTimeInterface オブジェクトのサポートが追加されました。 これより前のバージョンでは、DateTime オブジェクトのみがサポートされていました。
7.1.4PDO::sqliteCreateFunctionflags パラメータが追加されました。
 SQLite3::createFunctionflags パラメータが追加されました。
7.1.0DateInterval::formatフォーマット文字 F と f が追加されました。
 DateTime::__constructマイクロ秒が '00000' ではなく、実際の値で埋められるようになりました。
 DateTime::setTimemicrosecond パラメータが追加されました。
 DateTimeZone::listIdentifierscountryCode は、nullable になりました。
 array_rand内部的なランダム化アルゴリズムは、 libc の rand 関数ではなく、 メルセンヌツイスタ 乱数生成器を使うように 変更されました
 curl_multi_setoptCURLMOPT_PUSHFUNCTION が追加されました。
 exif_imagetypeWebP をサポートしました
 file_get_contents負の offset をサポートするようになりました。
 get_headerscontext パラメーターが追加されました。
 getenvvarname は、すべての環境変数の連想配列を取得するために 省略することができるようになりました。
 getimagesizeWebP に対応しました。
 getoptrest_index パラメータが追加されました。
 grapheme_extract負の offset をサポートするようになりました。
 grapheme_stripos負の offset をサポートするようになりました。
 grapheme_strpos負の offset をサポートするようになりました。
 hash_algossha512/224, sha512/256, sha3-224, sha3-256, sha3-384 および sha3-512 のサポートを追加しました。
 iconv_strpos負の offset をサポートするようになりました。
 json_decode空の JSONキー ("") は、 _empty_ というキーではなく、 空のオブジェクトプロパティにエンコードされるようになりました。
 json_encodedouble 値をエンコードする際に、 precision ではなく serialize_precision を使うようになりました。
 json_encodeflags パラメータに JSON_UNESCAPED_LINE_TERMINATORS が追加されました。
 listキーを list 関数で指定できるようになりました。 これによって、キーが数値でなかったり、連続していなかったりした場合に配列の構造を変えることができるようになります。
 long2ipip の型が string から int に変更されました。
 mb_eregマッチしなかった場合、mb_ereg は matches を空の配列とするようになりました。 これより前のバージョンでは matches を変更しませんでした。
 mb_ereg_replaceこの関数は、現在のエンコーディングに照らして string が正しいかをチェックするようになりました。
 mb_ereg_replacee 修飾子が非推奨になりました。
 mb_ereg_replace_callbackこの関数は、現在のエンコーディングに照らして string が正しいかをチェックするようになりました。
 mb_ereg_search_setpos負の offset をサポートするようになりました。
 mb_eregimb_eregi 関数は、何もマッチしなかった場合に matches に空の配列を設定するようになりました。 これより前のバージョンでは、何もマッチしなかった場合に matches を変更しませんでした。
 mb_eregi_replacee 修飾子が非推奨になりました。
 mb_eregi_replaceこの関数は、現在のエンコーディングに照らして string が正しいかをチェックするようになりました。
 mb_strimwidth負の start と width をサポートするようになりました。
 mb_stripos負の offset をサポートするようになりました。
 mb_strpos負の offset をサポートするようになりました。
 mt_randrand は、mt_rand の エイリアスになりました。
 mt_randmt_rand は、固定の、正しいバージョンのメルセンヌツイスタ の アルゴリズム を使うように 更新されました。 古い振る舞いに戻すには、 mt_srand 関数の第二引数に MT_RAND_PHP を指定して使ってください。
 mt_srandmt_rand は、正しく修正されたメルセンヌ・ツイスター・アルゴリズムを使用するように 更新されました。 以前のアルゴリズムに戻すには、mt_srand に MT_RAND_PHP を 第2引数として指定してください。
 mt_srandsrand は、mt_srand の エイリアスになりました。
 openssl_csr_newoptions が、新たに curve_name をサポートしました。
 openssl_decrypttag および aad パラメータが追加されました。
 openssl_encrypttag、aad および tag_length パラメータが追加されました。
 openssl_pkey_newEC キーを作成できるようにするため、 options に curve_name が追加されました。
 output_add_rewrite_varPHP 7.1.0 より前のバージョンでは、output_add_rewrite_var で設定したリライト変数は、透過的セッションID出力バッファと同じセッションモジュールを使っていました。 PHP 7.1.0 以降では、専用の出力バッファを用いるようになりました。 url_rewriter.tags はただ関数の出力にだけ使われるようになり、 url_rewriter.hosts が追加されました。
 output_reset_rewrite_varsPHP 7.1.0 より前のバージョンでは、output_add_rewrite_var で設定したリライト変数は、透過的セッションID出力バッファと同じセッションモジュールを使っていました。 PHP 7.1.0 以降では、専用の出力バッファを用いるようになり、 output_reset_rewrite_vars は output_add_rewrite_var. で定義したリライト変数だけを削除するようになります。
 pcntl_signalPHP 7.1.0 以降、 ハンドラコールバックは特定のシグナルの siginfo を含む 2 番目の引数を受け付けるようになりました。 このデータは、OS が siginfo_t 構造体を持つ場合のみ提供されます。 OS が siginfo_t を実装していない場合は NULL が提供されます。
 pcntl_signal_get_handlerpcntl_signal_get_handler 関数が追加されました。
 pg_fetch_allresult_type パラメータが追加されました。
 pg_last_noticeoption パラメータが追加されました。
 pg_selectresult_type パラメータが追加されました。
 randrand は、mt_rand の エイリアスになりました。
 session_startセッションを開始できなかった場合、 session_start は、false を返し、 $_SESSION を初期化しないようになりました。
 shuffle内部的なランダム化のアルゴリズムが、 libc の rand 関数ではなく、 メルセンヌツイスタ 乱数生成器 を使うように 変更されました。
 srandsrand は、 mt_srand の エイリアスになりました。
 str_shuffle内部的なランダム化アルゴリズムは、 libc の rand 関数ではなく、 メルセンヌツイスタ 乱数生成器を使うように 変更されました
 stripos負の offset をサポートするようになりました。
 strpos負の offset をサポートするようになりました。
 substr_count負の offset と length をサポートするようになりました。 length は、0 を指定しても問題ありません。
 unpackオプションの offset が追加されました。
 unserializeoptions の allowed_classes 要素は、 型を厳密に調べるようになりました。 つまり、array または bool 以外の型が与えられると、 unserialize 関数は false を返し、 E_WARNING レベルの警告を発生させます。
 ReflectionType::__toStringReflectionType::__toString は非推奨になりました。
 SessionHandler::gcこれより前のバージョンでは、この関数は成功時に true を返していました。
 SessionHandlerInterface::gcこれより前のバージョンでは、この関数は成功時に true を返していました。
7.0.16, 7.1.2dns_get_recordCAA レコード型のサポートが追加されました。
 fopen'e' が追加されました。
7.0.15, 7.1.1get_defined_functionsexclude_disabled パラメータが追加されました。
7.0.15,7.1.1pack"e", "E", "g" および "G" コードが、float と double のバイトオーダーをサポートするために追加されました。
7.0.11iconv_substrstring が offset の文字数に等しい場合、 空文字列が返されます。 これより前のバージョンでは、この場合 false が返されていました。
7.0.10imagetypesIMG_WEBP が追加されました。
 SQLite3::__constructfilename は、空文字列を指定できるようになりました。 この場合、プライベート、かつ一時的なデータベースがディスク上に作成されます。
7.0.7curl_multi_setoptCURLMOPT_CHUNK_LENGTH_PENALTY_SIZE、 CURLMOPT_CONTENT_LENGTH_PENALTY_SIZE、 CURLMOPT_MAX_HOST_CONNECTIONS、 CURLMOPT_MAX_PIPELINE_LENGTH、 CURLMOPT_MAX_TOTAL_CONNECTIONS が追加されました。
 curl_setoptCURL_HTTP_VERSION_2, CURL_HTTP_VERSION_2_PRIOR_KNOWLEDGE, CURL_HTTP_VERSION_2TLS, CURL_REDIR_POST_301, CURL_REDIR_POST_302, CURL_REDIR_POST_303, CURL_REDIR_POST_ALL, CURL_VERSION_KERBEROS5, CURL_VERSION_PSL, CURL_VERSION_UNIX_SOCKETS, CURLAUTH_NEGOTIATE, CURLAUTH_NTLM_WB, CURLFTP_CREATE_DIR, CURLFTP_CREATE_DIR_NONE, CURLFTP_CREATE_DIR_RETRY, CURLHEADER_SEPARATE, CURLHEADER_UNIFIED, CURLMOPT_CHUNK_LENGTH_PENALTY_SIZE, CURLMOPT_CONTENT_LENGTH_PENALTY_SIZE, CURLMOPT_MAX_HOST_CONNECTIONS, CURLMOPT_MAX_PIPELINE_LENGTH, CURLMOPT_MAX_TOTAL_CONNECTIONS, CURLOPT_CONNECT_TO, CURLOPT_DEFAULT_PROTOCOL, CURLOPT_DNS_INTERFACE, CURLOPT_DNS_LOCAL_IP4, CURLOPT_DNS_LOCAL_IP6, CURLOPT_EXPECT_100_TIMEOUT_MS, CURLOPT_HEADEROPT, CURLOPT_LOGIN_OPTIONS, CURLOPT_PATH_AS_IS, CURLOPT_PINNEDPUBLICKEY, CURLOPT_PIPEWAIT, CURLOPT_PROXY_SERVICE_NAME, CURLOPT_PROXYHEADER, CURLOPT_SASL_IR, CURLOPT_SERVICE_NAME, CURLOPT_SSL_ENABLE_ALPN, CURLOPT_SSL_ENABLE_NPN, CURLOPT_SSL_FALSESTART, CURLOPT_SSL_VERIFYSTATUS, CURLOPT_STREAM_WEIGHT, CURLOPT_TCP_FASTOPEN, CURLOPT_TFTP_NO_OPTIONS, CURLOPT_UNIX_SOCKET_PATH, CURLOPT_XOAUTH2_BEARER, CURLPROTO_SMB, CURLPROTO_SMBS, CURLPROXY_HTTP_1_0, CURLSSH_AUTH_AGENT, CURLSSLOPT_NO_REVOKE が追加されました。
7.0.0array_columnarray にオブジェクトの配列を渡せるようになりました。
 assertassert が言語構造となり、関数ではなくなりました。 assertion に式を指定できるようになりました。 第二パラメータは、 exception (Throwable オブジェクトを渡した場合) あるいは description (PHP 5.4.8 以降でサポートされていたもの) のいずれかであると解釈されるようになりました。
 currentarray は常に値で渡されるようになりました。 このバージョンより前は、可能な場合は参照で、それ以外の場合は値で 渡されていました。
 definearray が使えるようになりました。
 dirnameオプションのパラメータ levels が追加されました。
 getrusageこの関数は、Windows でサポートされるようになりました。
 keyarray は常に値で渡されるようになりました。 このバージョンより前は、可能な場合は参照で、それ以外の場合は値で 渡されていました。
 list文字列は扱えなくなりました
 list代入操作が行われる順番が変わりました
 listlist の式をまったくの空にすることはできなくなりました
 mcrypt_generic_endmcrypt_generic_end 関数が削除されました。
 set_exception_handlerexception_handler に渡すパラメータの型が、 Exception から Throwable に変わりました。
 unserializeoptions パラメータが追加されました。
5.6.25, 7.0.10SplFileObject::getCsvControl返り値の配列にエスケープ文字が追加されました。
5.6.3pack"q"、"Q"、"J"、"P" が追加され、64ビットの数値が使えるようになりました。
5.6.0array_fillcount にゼロを指定できるようになりました。これより前のバージョンでは、 count には正の数しか指定できませんでした。
 array_filterオプションのパラメータ mode と、定数 ARRAY_FILTER_USE_KEY および ARRAY_FILTER_USE_BOTH が追加されました。
 mb_regex_encodingデフォルトのエンコーディングが EUC-JP から UTF-8 に変わりました。
 mcrypt_decryptInvalid key and iv sizes are no longer accepted. mcrypt_decrypt will now throw a warning and return false if the inputs are invalid. Previously keys and IVs were padded with '\0' bytes to the next valid size.
 mcrypt_encrypt無効なサイズの key や iv は、受け付けないようになりました。無効な値を受け取った場合、 mcrypt_encrypt は警告を発して false を返します。 以前のバージョンでは、キーや IV のサイズが足りない場合は '\0' で埋めて、必要なサイズに合わせていました。
 pg_connectconnect_type として、定数 PGSQL_CONNECT_ASYNC が指定できるようになりました。
 pg_convert実験的な関数ではなくなりました。Boolean/NULL をサポートするようになりました。 未知のデータ型やサポートしていないデータ型は、バリデーションなしにエスケープします。 pg_convert は任意のデータ型で使えるようになりました。
 pg_insertPGSQL_DML_STRING が渡されない限り、 この関数は、成功時に true の代わりに接続リソースを返します。
 pg_insert実験的な関数ではなくなりました。定数 PGSQL_DML_ESCAPE が追加されました。 true/false や null をサポートするようになりました。
 pg_lo_seekPostgreSQL 9.3 以降での 64 ビットラージオブジェクトに対応しました。 これを使うには、クライアントとサーバーがいずれも PostgreSQL 9.3 以降であることと、 PHP が 64 ビット版であることが必要です。
 pg_lo_tellPostgreSQL 9.3 以降での 64 ビットラージオブジェクトに対応しました。 これを使うには、クライアントとサーバーがいずれも PostgreSQL 9.3 以降であることと、 PHP が 64 ビット版であることが必要です。
 pg_lo_truncatetruncate 関数が追加されました。 これは PostgreSQL 9.3 の 64bit ラージオブジェクトをサポートします。 64bit ラージオブジェクトを使うには、 クライアントとサーバが両方 PostgreSQL 9.3 をサポートし、 PHP は64bitビルドでなければなりません。
 pg_meta_data実験的な関数ではなくなりました。デフォルト属性として "is enum" が追加されました。 extended フラグが追加されました。
 pg_select実験的な関数ではなくなりました。定数 PGSQL_DML_ESCAPE が追加されました。 true/false や null をサポートするようになりました。
 pg_update実験的な関数ではなくなりました。定数 PGSQL_DML_ESCAPE が追加されました。 true/false や null をサポートするようになりました。
 stream_socket_enable_cryptocrypto_type がオプションになりました。
 stream_socket_enable_cryptoSTREAM_CRYPTO_METHOD_ANY_CLIENT, STREAM_CRYPTO_METHOD_TLSv1_0_CLIENT, STREAM_CRYPTO_METHOD_TLSv1_1_CLIENT, STREAM_CRYPTO_METHOD_TLSv1_2_CLIENT, STREAM_CRYPTO_METHOD_ANY_SERVER, STREAM_CRYPTO_METHOD_TLSv1_0_SERVER, STREAM_CRYPTO_METHOD_TLSv1_1_SERVER, STREAM_CRYPTO_METHOD_TLSv1_2_SERVER が追加されました。
 unserializeシリアライズされたデータを改変して C: を O: に置き換え、オブジェクトのインスタンス化の際にコンストラクタを呼ばないようにしたものは、 処理に失敗するようになりました。
 ReflectionClass::newInstanceWithoutConstructorすべての内部クラスをインスタンス化できるようになりました。ただし final 宣言されたクラスは例外です。
 XMLReader::getAttributeNoXMLReader::getAttributeNo は、 属性が存在しない場合に null を返すようになりました。
 XMLReader::getAttributeNsXMLReader::getAttributeNS は、 属性が存在しない場合に null を返すようになりました。
5.5.38, 5.6.24, 7.0.9getenvlocal_only パラメーターが追加されました。
5.5.21, 5.6.5SplFileObject::fputcsvescape パラメータが追加されました。
5.5.19, 5.6.3DateTimeZone::getOffsetdatetime パラメータの型が DateTimeInterface に変わりました。 これより前のバージョンでは、DateTime でした。
5.5.10DateTimeZone::__constructtimezone パラメータは、オフセット値を受け付けます。
5.5.4fputcsvescape_char パラメータが追加されました。
5.5.3/5.4.19pg_inserttable_name に対する SQL インジェクション、そして識別子に対する間接的な SQL インジェクションの問題を修正しました。
 pg_selecttable_name に対する SQL インジェクション、そして識別子に対する間接的な SQL インジェクションの問題を修正しました。
 pg_updatetable_name に対する SQL インジェクション、そして識別子に対する間接的な SQL インジェクションの問題を修正しました。
5.5.2DOMDocument::schemaValidateflags パラメータが追加されました。
 DOMDocument::schemaValidateSourceflags パラメータが追加されました。
5.5.1pg_unescape_bytea不正な文字列が渡された場合に、警告を発するようになりました。
5.5.0/PECL 3.0.0IntlDateFormatter::createIntlCalendar オブジェクトを calendar に渡せるようになりました。 IntlTimeZone オブジェクトや DateTimeZone オブジェクトを timezone に渡せるようになりました。 無効なタイムゾーン ID (空文字列を含む) を timezone で指定できなくなりました。 timezone に null を指定した場合は、ICU のデフォルトではなく date_default_timezone_get が返すタイムゾーンを使うようになりました。
 IntlDateFormatter::setCalendarIntlCalendar オブジェクトを渡せるようになりました。
5.5.0この関数は E_DEPRECATED エラーを発するようになりました。
 mysql_list_dbs 関数は非推奨となり、 E_DEPRECATED レベルのエラーが発生するようになりました。
 この関数は E_DEPRECATED エラーを発するようになりました。
 mysql_tablename 関数は非推奨となり、 E_DEPRECATED レベルのエラーが発生するようになりました。
 pack"Z" が追加されました。Perl の "a" と互換性のある機能です。
 set_exception_handlerこれより前のバージョンでは、null を渡した場合の返り値が true でした。 PHP 5.5.0 以降は、以前に設定されていたハンドラを返すようになります。
 unpackPerl の関数に動きを近づけるための変更をしました。 "a" は最後の NULL バイトを維持するようになりました。 "A" は最後の ASCII 空白文字 (スペース、タブ、改行、キャリッジリターン、 NULL バイト) をすべて取り除くようになりました。 NULL 埋め文字列用に "Z" が追加されました。これは最後の NULL バイトを取り除きます。
5.4.0Phar::setStublen パラメータが追加されました。
5.3.15, 5.4.5Collator::getSortKeyソート用のキーに NUL バイトは含まれなくなりました。
5.2.0simplexml_load_fileオプションの引数 is_prefix が追加されました。
 simplexml_load_stringオプションの引数 is_prefix が追加されました。
 SimpleXMLElement::attributesオプションの引数 is_prefix が追加されました。
 SimpleXMLElement::__constructns と is_prefix が追加されました。
5.1.2SimpleXMLElement::__constructoptions と data_is_url が追加されました。
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top